優秀なラリードライバーでもあったドナルドヒーレー氏がオースチンとジョイントして誕生した、当時の高性能オープンスポーツがオースチンヒーレー 。
通称ビッグヒーレーとも呼ばれ、50年代〜60年代にかけて約70000万台が生産され、北米でも大変な人気を誇りました。当時の国際ラリーやルマン等でも活躍し、様々なヒストリーが語り継がれています。

現車は稀少な初期モデルである4 気筒 OHV 2.6 リッターの100/4 です。後に6気筒 OHV 2.6 の 100/6、さらに 6気筒 2.9 の 3000 Mk-2 へと進化して行きます。当時としては高性能を誇り、ネーミングの 100 は100mph 、すなわち 160km の最高速度を誇るという意味が込められています。
       
さらに魅力的なのは言うまでも無くこのデザイン。柔らかな曲線で全てがデザインされた見事なスタイリングは、どこから見てもうっとりするばかりです。メンテナンスを終えオーナーにお返しする時、しばらくのお別れがなごり惜しく、次のメンテでの入庫が待ち遠しく思い、いつも生活を共にしているオーナーが羨ましい限りです。オーナーの元でさらに歴史を重ねていくことでしょう。  
       
    

          

 ←左側にフレームが表示されていない方は、一度だけクリックして再読み込みを行って下さい!

British Vintage Cars Garage Caps Tel & Fax 052-777-7400
英国車の専門ショップ!ガレージキャップス。  Home U.R.L http://www.garagecaps.com/